キッズカーボンの吸着領域 分子量一覧

活性炭というと、“悪いものを吸着してくれるイメージ”があると思います。
冷蔵庫や靴のにおいを取る目的でも、活性炭が使われていることはご存知だと思います。

しかし、「活性炭=なんでも吸着してくれる」わけではありません。
きちんとした科学的な理屈があります。

活性炭をい顕微鏡でみると、大小さまざまなサイズの穴が開いています。
その穴にピタッと入るものだけを吸着してくれる仕組みです。

食べる活性炭 キッズカーボンの吸着領域は「分子量100-90000」の範囲です。
通常、救急医療の現場で使用される「薬用炭」は「分子量100-10000」の範囲のみ吸着しています。

キッズカーボンは、植物性、動物性の素材の他、加熱の仕方、混合具合によって、吸着範囲を9倍に広げました。

分子量100~90000の物質となると、多くの物質を吸着することができるようになります。
合成着色料・保存料等も、この範囲の中に入ります。

これらの物質は肝臓によって分解・浄化されるのが普通です。
しかし、肝臓も万能ではなく、分解しきれなかった物質は1度小腸に戻され、肝臓に戻り、再分解されます。

Copyright(c) 2013 キッズカーボンシェアクラブ All Rights Reserved.